リウマトレックス

錠剤 リウマチ

門前医院からこんな処方が出た。

Rp1.リウマトレックス2mg 1錠
――――――――――――――
月曜 分1

Rp2.リウマトレックス2mg 1錠
――――――――――――――
水曜 分1

Rp3.リウマトレックス2mg 1錠
――――――――――――――
木曜 分1

…はぁ!???

こんな処方見たことない…
やばいよ、やばいよ~。

リウマトレックスは、添付文書上

関節リウマチの場合、
「通常1週間単位の投与量をメトトレキサートとして6mgとし、1週間単位の服用量を1回又は2~3回に分割して経口服用する。分割して服用する場合、初日から2日目にかけて12時間間隔で服用する。1回又は2回分割服用の場合は残りの6日間、3回分割服用の場合は残りの5日間は休薬する。これを1週間ごとに繰り返す。
なお、患者の年齢、症状、忍容性及び本剤に対する反応等に応じて適宜増減するが、1週間単位の服用量として16mgを超えないようにする。」

関節症状を伴う若年性突発性関節炎の場合、
「通常1週間単位の投与量をメトトレキサートとし4~10mg/㎡とし、1週間単位の服用量を1回又は2~3回に分割して経口服用する。分割して服用する場合、初日から2日目にかけて12時間間隔で服用する。1回又は2回分割服用の場合は残りの6日間、3回分割服用の場合は残りの5日間は休薬する。これを1週間ごとに繰り返す。
なお、患者の年齢、症状、忍容性及び本剤に対する反応等に応じて適宜増減する。」

となっている。

1週間のトータル量は間違いないが、これってありなの? なんでこんな処方?
たまーに分かった上で、この添付文書の服用方法から逸脱して出すDr.もいるけど。
でも今回のは…逸脱しすぎ?! 個性出しすぎやっちゅうねん。
すぐに疑義…いやいや待て待て、自分の勉強不足かも…。

先にファイザーに問い合わせ。

リウマトレックスは、Dr.によっては多少は変形パターンを出すDr.もいる。
でもそれは専門のDr.であったり、経験豊富なDr.の経験則からくるものであったりする。
ただ始めはやはり、疑義対象であることは間違いない。
添付文書を逸脱した服用パターンとして過去あったのは、

10~12mg/週→1日目朝・2日目朝(2分割)
10mg/週→1日目朝/昼(2分割)
10mg/週→1日目朝/夜・3日目朝(3分割)
10~12mg/週→1日目朝/夜・2日目昼(3分割)
10~16mg/週→1日目朝/夜・2日目朝/夜(4分割)
20mg/週→1日目朝(1回)

等々…

どっちにしろ今までにはなさそうなパターンだ。

ちなみに、リウマトレックスは、そもそもなんでこの服用方法になったのか…

抗生剤はトラフがポイントとなるが、リウマトレックスは全く逆の考えに基づくらしい。
たまたま悪性腫瘍の患者に、このサイクルで抗がん剤として投与していたら、リウマチにも効果が認められたため、このスタンスになったとか。リウマトレックスの骨髄抑制は投与方法に依存せず、どの服用方法でも出るときは出る。
また、仮に1回飛ばしても突然悪くならず、逆に効果発現までには時間を要するとのこと。
どっちにしろ服用を始めたら、定期的な検査と毎日のバイタルチェックは必要ですね。

よく併用されるのはステロイドと葉酸。
葉酸はリウマトレックスの副作用防止のためによく使われる。
リウマトレックスが葉酸の働きを阻害することによって効果をあらわすのだから当然っちゃあ当然だけど、SEは用量依存性なので、リウマトレックスの服用量が上がればSEも増える。
一般的には8mg/週超えて使用する際はフォリアミン5mgを併用することが多い。
葉酸はリウマトレックスを最後に服用した1~2日後にフォリアミン5mgを服用する。
リウマトレックスと葉酸を同時に服用すると、リウマトレックスが効果減弱するので気をつけること。
あんまSEがひどいときはリウマトレックスを中止してロイコボリン(活性型の葉酸製剤)を治療のため使用する。
リウマトレックスの効果が減弱するので、葉酸を多く含むほうれん草や、枝豆、グリーンアスパラ、レバーなんかの食品は適量であれば制限する必要はないが、サプリメントは控える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました