結婚お祝い金

結婚祝い

披露宴に出る場合

祝儀袋の渡し方

受付でお祝いの言葉を述べ、祝儀袋をふくさから出します。次に「心ばかりのお祝いです」と祝儀袋の正面を先方にむけて差し出します。受け盆に置いてもかまいません。

前もってお祝いを届けている場合は「先日、直接お祝いをお届けしましたので」と告げればよいでしょう。

仲人からのお祝いの金額は、仲人への謝礼の目安にもなりますので、あまり高額だと相手に気を使わせてしますます。普通に披露宴に出席する場合と同程度の金額の二人分プラスアルファ、だいたい5~10万円を目安にします。

会費制の披露宴の場合

会費がお祝いになるので、それ以外にお祝いは必要ありませんが、会費が安かったり、自分より年下が結婚する場合などは、多少お金を包んでおくのもよいでしょう。

披露宴に出る場合のお祝い金の目安

本人との関係 金額の目安
勤務先の上司 3万~5万円
勤務先の同僚 2万~3万円
勤務先の部下 2万~3万円
兄弟・姉妹 3万~10万円
甥・姪 5万~10万円
いとこ 3万~5万円
その他の親類 3万~10万円
友人・知人 2万~3万円
隣・近所 2万~3万円
memo

お祝い金は、自分の月収の5~10%程度と考えるのがおよその目安です。これを基準につきあいの程度によって増減します。また、地方によってしきたりが異なるので注意します。

遠方での披露宴に招かれたときのお祝い金の額は?

遠方で式を挙げる友人に招待されるといった機会は意外にあるものです。けれども、遠方での披露宴ともなると旅費だけでなく宿泊費も必要となり、出費がかさみます。

主催者側が気をきかせて宿泊費や旅費を持ってくれることも多いのですが、そうでないからといって、こちらからお願いするわけにもいきません。そんなときは、遠くからわざわざ旅費をかけて出席することを考慮して、お祝い金は少なめでかまいません。だいたい常識的な金額の半分を目安にすればよいでしょう。

お祝いに4(死)、9(苦)の数字は避ける

お祝い金の数字には、割り切れる偶数では、「別れる」をイメージさせてしまうので避けるのが一般的です。

ただし、パーティにかかる一人あたりの費用を考えて、例外的に2万円は使われることが多くなっています。

また、「死」や「苦」を連想させる4と9は避けるのが習わしです。

どうしても4万円ぐらいのお祝いにしたいという場合は、お祝い金として3万円を包んで、1万円分は品物にするなど、4と9を避ける心づかいをしたいものです。

披露宴に出ない場合

現金にするか品物にするか

全体的に披露宴に出席する場合に比べて、出席しない人は品物を贈る場合が多いようですが、先方に気を使わせてしまわないよう金額は常識の範囲内がよいでしょう。

披露宴に招かれていない場合のお祝いは、先方が新婚旅行から帰ったころに届くようにします。

現金を現金書留で送る場合は、現金書留封筒に折らずに入る小さめの祝儀袋に現金を入れ手渡す場合と同様に、表書きをして送ります。

披露宴に欠席する場合

披露宴に欠席する場合にも、出席のときの半分を目安にお祝いを贈るようにします。

また、披露宴の直前に何かの都合で急に欠席するときは、迷惑をかけたことも考えて、出席する場合と同等の金額を包むのがマナーです。

披露宴に出ない場合のお祝い金の目安

本人との関係 金額の目安
勤務先の上司 1万円程度
勤務先の同僚 3,000~1万円
勤務先の部下 5,000~1万円
兄弟・姉妹 1万~5万円
甥・姪 1万円程度
いとこ 1万~3万円
その他の親類 1万円程度
友人・知人 5,000~1万円
隣・近所 5,000~1万円

予算別喜ばれる結婚祝い品例

1万円以上

コーヒーメーカー、ホットプレート、ペアクッション、ふとん乾燥機、夫婦パジャマセット、掛け時計など。

5,000円前後

観葉植物、トースター、スリッパセット、ベッドカバー、日曜大工セット、救急箱一式、家庭医学大辞典など。

3,000円前後

耐熱ガラスなべ、ナイフ・フォークセット、防災セット、エプロン、料理本など。

もし披露宴と葬式が重なってしまったら?

もしも披露宴と通夜・葬式が重なってしまったら、どちらを優先させればよいのでしょうか。

相手が血縁関係か婚姻関係か、何親等かにもよりますが、披露宴へは喪が明ける四十九日を過ぎたら出席します。また、一般にはそのときにしか故人とのお別れができない弔事を優先させます。

しかし披露宴の司会や媒酌人を頼まれていたり、急に欠席することで先方に大変迷惑をかけてしまうような場合は、通夜か葬式のどちらかにだけ参列して、披露宴に出席してもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました