【Illustrator】カレンダーを作る

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 Illustrator

cal11

このシンプルなカレンダーを作ってみたいと思います。

今回はA4サイズで印刷できる大きさのものを作ってみます。

日付部分が簡単に書き換えられる枠組を作っておけば、他の年月を作るときに使い回しができるので、まず枠組から作っていきます。

作業工程

1. 1マス作る。

長方形ツール横28mm×縦35mmの長方形を作る。線・塗りとも色なしで。

上記カレンダーを作るときは、位置→左端基準で、X:7mm Y:72mmです。参考まで。

cal1

2. 横に同じ長方形を7マス並べる

オブジェクト▶変形▶移動(SHIFT+CTRL+M)

で、水平方向に28mm垂直方向に0mmのコピーを1つ作り、そのあと

オブジェクト▶変形▶変形の繰り返し(CTRL+D)

を5回して、横に7つ並ぶようにする。左から右へとコピーするのが重要!

cal2

3. 縦に7マス長方形を6列並べる

7つの長方形を選択しておき、

オブジェクト▶変形▶移動(SHIFT+CTRL+M)

で、水平方向に0mm垂直方向に35mmのコピーを1つ作り、そのあと

オブジェクト▶変形▶変形の繰り返し(CTRL+D)

を4回して、縦に6列並ぶようにする。上から下へとコピーするのが重要!

cal4cal5

4. スレッドテキストオプションを作成

42個すべての長方形を選択しておいた上で、

書式▶スレッドテキストオプション▶作成

cal7

5. グループ化する

6. 日付の数字を入力する

別の場所に、文字入力で1~31の数字(日付用)を記入する。1日打つごとに改行する。
それをコピ-(CTRL+C)しておく。

cal6

スレッドテキストオプションで作成したテキストエリア(42個の長方形)を選択したあと、文字ツールを選び、テキストエリアをクリック。
その中にペースト(CTRL+V)する。

cal8

7. 文字の調整

1つの枠に数字が何個も入っちゃうときは、行送りを大きくして1つの数字だけ残るように調整。
サンプルでは、行送りを90ptにしています。

cal9

その他フォント、フォントサイズ、カラー、ベースラインシフト、左インデントなどなど、お好みで調節。

cal10

8. そのほかの付属品を作成

  1. 数字ができたら、数字を作るのに使用したテキストエリアをコピー&ペースト(SHIFT+CTRL+Vで同じ位置にペーストされます)して、六輝用や暦用などを作成。
  2. 曜日用の枠も同じようにして、横28mm×縦10mmを7つ並べて、スレッドテキストオプションを作成し、曜日のテキストエリアを作る。
  3. 枠線を長方形ツール、直線ツールなどで作成。
  4. チビカレンダーもスレッドテキストオプションを作成して作る。

9. 完成!!

cal11



関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群とは?  エコノミークラス症候群は、旅行に関連

no image
巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪ってなに?  巻き爪とは、主に親指の爪の両端が「巻く」

no image
結婚お祝い金

披露宴に出る場合 祝儀袋の渡し方  受付でお祝いの言葉を述べ、祝儀

no image
結婚祝い

お祝い品選びと費用 お祝い品の選び方  新居を構える二人には、生活

no image
ダニ除去マニュアル

ダニ除去マニュアルについて  基本的なダニアレルゲン対策としては、

→もっと見る

PAGE TOP ↑