災害見舞い

暮らしの中のおつきあい

災害見舞い

災害見舞いには手助けを

 親しい人が地震などの災害にあったら、できるだけ早く駆けつけるのが何よりです。
 被害状況や交通事情を調べ、飲料水や食料、軍手などを用意して出かけ、被災地で力を貸します。
 現地へ行けない人場合は、相手が必要だと思われる実用品か現金を贈ります。
 災害見舞いの場合、目上の方に現金を贈っても失礼になりません。現金の場合、白封筒に表書きを「災害御見舞」とします。
 火災の場合も同様で、現地を訪れて焼け跡の片付けなどを手伝います。やはり状況に応じて生活必需品や白封筒に表書きを「火災御見舞」として現金を贈ります。
 災害は予期しないものだけに、精神的な打撃も大きいはずです。立ち入ったことを聞くのは避け、立ち直るために手を貸すという姿勢が最善です。
 なお、災害見舞いには、お返しは必要ありません。

災害見舞いを贈る時期

できるだけ早く

災害見舞い最適品

食品
飲料水、インスタント食品、レトルト食品、缶詰類など
医療品・衛生品
救急箱(消毒薬、ガーゼ、包帯、ばんそうこう、風邪薬、胃腸薬、はさみなどを入れる)、生理用品、洗面用具、ひげそり用具、石鹸、シャンプー、コンディショナーなど。
衣料品
毛布、下着・靴下類、タオルなど。
その他
コンロ、食器類、ティッシュペーパー、軍手、ひも類、ライター、懐中電灯、筆記用具、傘、電池など。

災害見舞いにかける金額の目安

贈り先 金額の目安
両親・子ども 3万円~
親戚 5,000円~
近隣の人 3,000~1万円
会社関係 5,000円~

封筒の種類

白封筒 のし / なし
包み紙 / 無地の白封筒
表書き / 「お見舞」「御見舞」「災害御見舞」「水害御見舞」「火災御見舞」

災害見舞いのお礼・お返し

災害見舞いには、お返しは必要ありません。もしする場合でも、礼状のみでよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました