入園・入学祝い

人生の祝い事

入園・入学祝い

子どもの新しい門出を祝う

入園や入学は、子どもにとって新しい門出。未知の世界への旅立ちを励ます意味で、お祝いをしてあげたいものです。ただし、お祝いをするのは近親者や近い親戚、ごく親しい人でいいでしょう。
幼稚園入園や小学校入学は、孫の晴れの場とばかりに、おじいちゃん、おばあちゃんは、えてして学習机やランドセル、洋服など、高価なお祝いの品を贈りたい気持ちになるようです。
しかし、最近の子どもは好みもはっきりしていることも多く、洋服や学習机なども、自分の気に入ったものがほしいようです。
また、ランドセルや文房具などは、学校で指定されている場合もあるので、あらかじめ親に相談しておいたほうがよさそうです。

入園・入学祝いの贈り物

お祝いの品は、幼稚園の場合は絵本やランチボックス、靴、クレヨンなどの文房具を、小学校の場合は時計や辞典、鉛筆などの文房具が一般的です。中学校以上になると、品物より図書カードや商品券、文具券などが喜ばれます。

入園・入学祝い金の目安

どこに 親類 知人・友人
幼稚園・保育園 3,000~1万円 2,000~1万円
小学校 5,000~2万円 3,000~1万円
中学校 5,000~2万円 3,000~1万円
高校 1万~2万円 5,000~1万円
短大・大学 1万~2万円 1万~2万円

入園・入学祝いの適期

入園・入学が決まったころに。

祝儀袋の種類

syugi_cho 水引 / 紅白の蝶結び
のし / あり
包み紙 / 白1枚、または白2枚
表書き / 御祝・御入園御祝・御入学御祝・入園祝・入学祝

入園・入学祝いのお礼・お返し

お礼・お返しのしかた

身内のお祝いなので特にお返しの必要はなく、直接会ってお礼を伝えたり、電話や礼状を出すなどしてお礼を言うだけで充分でしょう。ただし、お礼はお祝いをもらった子ども本人にさせたいものです。
そして、お祝いをいただいた方の入園・入学の際には、忘れずに同様のお祝いを贈るとよいでしょう。
ただしお返しをした方がいい場合は、「内祝」として子どもの名前で贈ります。

お礼・お返しの適期

お祝いをいただいた直後に。

お礼・お返しをする際の祝儀袋の種類

syugi_cho 水引 / 紅白の蝶結び
のし / あり
包み紙 / 白1枚、または白2枚
表書き / 「内祝」。子どもの名前で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました