小児科

小児科

アデノウイルス感染症

アデノウイルス感染の症状 アデノウイルスは目やのどが好き。高熱が続きますが、ふつうは5日前後で治ります。 アデノウイルスによる扁桃炎や咽頭炎 主に乳幼児から学童・生徒などの間に多いかぜのひとつです。 のどに変な感じがあり、咽頭が赤く...
外用薬

伝染性軟属腫「水いぼ」

水いぼって何? ウイルスが原因で起こる皮膚の感染症で、医学用語では「伝染性軟属腫」と言います。みずみずしい光沢があり、中央がへこんだ小丘疹が多発します。 水いぼが多く見られるのは、小学校低学年くらいまでの小さなお子さんで大人にはあまり認めら...
小児科

小児用量

小児用量の最小大量一覧 薬剤の商品名・一般名・力価、小児用量の最小量・最大量などを一覧にしました。 小児用量の年齢別・体重別一覧 小児用量を計算なしですぐ確認できるように、小児用量を年齢別・体重別の計量を一覧にしました。 ※情...
外用薬

熱性けいれんに対するジアゼパム坐剤の使い方

乳幼児期(生後6ヶ月から4~5歳まで)には、発熱時にけいれん(熱性けいれん)を起こすことがたびたびあります。 熱性けいれんが起こりやすい子どもには、発熱時に抗けいれん薬(ジアゼパム坐剤)を使用します。 この方法により、熱性けいれんを予防する...
タイトルとURLをコピーしました