外用薬

外用薬

アトピー性皮膚炎の日常生活で注意すること

アトピー性皮膚炎の日常生活の注意点 日常生活の中でアトピー性皮膚炎を悪化させるもの アトピー性皮膚炎の悪化因子は、個々の患者さんや、各年齢層によっても若干の違いがみられます。乳幼児では、食物が関与している場合があり、それ以降は、ダニ・ハ...
外用薬

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療 いつまで治療は続くの? アトピー性皮膚炎を短期間で完全に治すことはできませんが、粘り強く病気と付き合ううちに、皮膚の炎症が少しずつよくなり、最小限の薬で症状が落ちついた状態を維持することができるようになります。そ...
外用薬

アトピー性皮膚炎の診断・検査について

アトピー性皮膚炎の診断・検査 どんな症状があったらアトピー性皮膚炎? アトピー性皮膚炎の特徴的な症状は、特徴的な皮疹(皮膚が赤くなる、細かいぶつぶつができる、じくじくする、かさかさする、ぽろぽろはがれる、かたくなる)で、いずれも強いかゆ...
外用薬

アトピー性皮膚炎の基礎知識

アトピー性皮膚炎の基礎知識 アトピー性皮膚炎ってどんな病気? アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い皮疹ができ、それがよくなったり悪くなったりをくりかえすことの多い病気です。いくつもの原因が複雑に関わって引き起こされます。アトピー性皮膚炎には...
外用薬

保湿剤の種類と塗り方

保湿剤の種類 保湿剤にはさまざまな種類があります。一例をあげると以下のものがあります。 油脂性軟膏 ex)白色ワセリン、プロペト®、プラスチベース、亜鉛華軟膏、親水軟膏、アズノール®軟膏など 皮膚の表面に膜をつくり、水分が蒸発するの...
外用薬

伝染性軟属腫「水いぼ」

水いぼって何? ウイルスが原因で起こる皮膚の感染症で、医学用語では「伝染性軟属腫」と言います。みずみずしい光沢があり、中央がへこんだ小丘疹が多発します。 水いぼが多く見られるのは、小学校低学年くらいまでの小さなお子さんで大人にはあまり認めら...
外用薬

ステロイド外用剤の強弱の分類と基剤の特徴

ステロイドの強さは、ストロンゲスト(最強)、ベリーストロング(かなり強力)、ストロング(強力)、マイルド(中等度)、ウィーク(弱い)の5段階に分けられています。 長期連用による局所の副作用に注意し、小児・高齢者・妊婦などは慎重に使用します。...
外用薬

熱性けいれんに対するジアゼパム坐剤の使い方

乳幼児期(生後6ヶ月から4~5歳まで)には、発熱時にけいれん(熱性けいれん)を起こすことがたびたびあります。 熱性けいれんが起こりやすい子どもには、発熱時に抗けいれん薬(ジアゼパム坐剤)を使用します。 この方法により、熱性けいれんを予防する...
タイトルとURLをコピーしました