冠婚葬祭

結婚祝い

結婚お祝い金

披露宴に出る場合 祝儀袋の渡し方 受付でお祝いの言葉を述べ、祝儀袋をふくさから出します。次に「心ばかりのお祝いです」と祝儀袋の正面を先方にむけて差し出します。受け盆に置いてもかまいません。 前もってお祝いを届けている場合は「先日、直接お祝...
結婚祝い

結婚祝い

お祝い品選びと費用 お祝い品の選び方 新居を構える二人には、生活実用品が好まれます。親しい関係であれば、相手の欲しいものを聞いてプレゼントするのがベストです。両親と同居するなら、生活用品はそろっていると考えて、二人で使うものを選ぶとよいでし...
暮らしの中のおつきあい

季節のあいさつ

季節のあいさつ 年始まわり  年始まわりは1月2日以降、松の内(7日まで)に行います。最近は、お正月に旅行に行く人も多いので、暮れの内に予定を聞いて、あらかじめ訪問する日を決めておきましょう。訪問は昼間にし、できるだけ玄関先で失礼するの...
暮らしの中のおつきあい

災害見舞い

災害見舞い 災害見舞いには手助けを  親しい人が地震などの災害にあったら、できるだけ早く駆けつけるのが何よりです。  被害状況や交通事情を調べ、飲料水や食料、軍手などを用意して出かけ、被災地で力を貸します。  現地へ行けない人場合は...
人生の祝い事

卒業・就職・成人祝い

卒業祝い・就職祝い 卒業と入学、就職の時期は近いので、お祝いは両方を兼ねたものでもいいでしょう。 贈り物は、現金や図書券、商品券などが無難ですが、就職祝いの場合は、新しい社会への門出として、ネクタイやアクセサリー、財布、定期入れなど、日常生...
暮らしの中のおつきあい

病気・けが見舞い

病気・けが見舞い お見舞いのマナーとタブー お見舞いに行くときは、事前に家族に症状を聞き、面会時間内に行くようにします。 長話は避け、長くても30分以内で切り上げます。派手な服装や香水、また理由のない子ども連れは避けます。 病状を詳しく聞い...
暮らしの中のおつきあい

お中元・お歳暮

お中元・お歳暮の由来 昔から中国では、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の日に、道教に基づく祭儀が行われてきました。この中元に、盂蘭盆会(うらぼんえ)=お盆が重なり、物を贈る習慣になったと言われています。 お歳暮は...
人生の祝い事

叙勲・受賞祝い

叙勲・受賞のお祝い 勲章と褒賞の種類 国家や社会に対して功労のあった人を表彰し、国から与えられる記章が勲章。学問や文化などの分野において功労のあった人に与えられるのが褒賞(ほうしょう)です。 勲章には日本で最高の勲章である菊花章や、科学、学...
タイトルとURLをコピーしました