アデノウイルス感染症

小児科

アデノウイルス感染の症状

アデノウイルスは目やのどが好き。高熱が続きますが、ふつうは5日前後で治ります。

アデノウイルスによる扁桃炎や咽頭炎

主に乳幼児から学童・生徒などの間に多いかぜのひとつです。

のどに変な感じがあり、咽頭が赤くなって痛くなったり、扁桃に白っぽい膿のようなものがついたりします。

39℃以上の高熱(40℃を超える場合もしばしばあります)が続きますが、ふつうは5日前後くらいで治ります。

滲出性扁桃炎

滲出性(しんしゅつせい)扁桃炎は、口蓋(こうがい)扁桃の表面に白色の滲出物が認められます。滲出性扁桃炎があれば、まずアデノウイルス感染を疑うほど、多いとされています。

咽頭結膜炎

咽頭結膜炎は、乳幼児から学童・生徒などの間に流行することが多く、また、一部は夏にプールで感染することもあるため、プール熱ともよばれています。咽頭炎と結膜炎(目が赤くなり目やにが出たりします)を同時におこします。

滲出性扁桃炎、咽頭結膜炎ともに39℃以上の高熱(40℃を超える場合もしばしばあります)がつづきますが、ふつうは5日前後くらいでなおります。

アデノウイルスの感染力

アデノウイルスは感染力がとっても強いウイルスです。

アデノウイルスは感染力がとても強いので、熱が下がり、症状がなくなっても2日程度は保育園・幼稚園・学校などは休み、人の多いところへの外出もひかえましょう。タオルなどの共用もやめましょう。

アデノウイルス感染力の検査

アデノウイルス感染症の検査は簡単なので、小さな子どもでも安心して受けられ、15分ほどで結果が分かります。

検査方法は、綿棒で、のどをなでて液を採取するだけです。これを検査し、判定します。

アデノウイルス感染の治療

安静・水分補給が大切です。

ウイルス感染によるかぜに直接効く薬はほとんどありませんが、アデノウイルスに効く薬もありません。いわゆるかぜ薬は、かぜによるいろいろな症状をやわらげる薬です。

 医師からアデノウイルスに感染しているといわれたときは、他のかぜと同じで、「安静」「水分補給」が大切です。

安静

一日中じっと床の中にいる必要はありませんが、外出や運動などは避けて、くつろいだ状態で家にいるようにしましょう。

水分補給

食欲と好みに応じて無理をせず栄養のバランスを考えてきちんと三食をとればいいでしょう。ただ、汗を多くかき、からだの水分が不足しますので、十分に水分をとるようにしましょう。果物のしぼり汁などは水分と栄養をかねそなえた飲み物です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました