七五三

人生の祝い事

七五三のお祝い

3歳の女の子(地方によっては男の子も)、5歳の男の子、7歳の女の子が神社にお参りをして、成長を感謝し、将来の幸せを祈る行事です。年齢は数え年でも、満年齢でも、どちらでも構いません。
現代のように11月15日に神社に参拝するようになったのは、江戸時代末期と言われています。
本来は11月15日に神社にお参りするのがしきたりですが、その前後であれば、お天気のいい日や家族がそろう日を選んでもいいでしょう。お参りのあとは、自宅で祝いの膳を囲むのが一般的です。
お参りの服装は、正式には3歳の子どもはお宮参りに着た祝い着を、5歳の男の子は広袖の紋付きに羽織と袴(はかま)の三つ揃いを、7歳の女の子は絵羽模様(えばもよう)の祝い着を、それぞれ着ます。
しかし、現代では着慣れない着物よりも、入園や入学時にも利用できる洋服にしたり、レンタルの衣装などを利用する人も増えています。

七五三の祝い金の目安

だれが
親戚などごく親しい人
金額の目安
5,000~1万円

七五三のお祝いの適期

約1週間前まで。

祝儀袋の種類

syugi_cho 水引 / 紅白の蝶結び
のし / あり
包み紙 / 白1枚、または白2枚
表書き / 御祝・祝七五三・賀御髪置(3歳)・賀御袴置(5歳)・賀御帯解(7歳)

神社へのお礼袋の種類

syugi_cho 水引 / 紅白の蝶結び
表書き / 御初穂料

七五三のお祝いのお礼・お返し

本来、七五三は各家庭の内輪の祝い事なので、お祝いを贈るのも親戚などのごく親しい人に限られます。
お参りをすませたら、その足でお祝いをいただいたお宅にお礼にうかがうのがしきたりでした。
また、赤飯や千歳飴を内祝いとして、ご近所に配る習慣のある地方もありました。
遠方の場合には、11月中に子どもの七五三の写真を添えて、記念品を「内祝」の表書き、子どもの名前で贈ります。

お礼・お返しのしかた

基本的には不要ですが、返すならいただいた金額の半額程度の品を贈ります。「内祝」として、千歳飴や紅白のお菓子、記念品を。
遠方の場合は、七五三の写真と日もちするお菓子や記念品を贈ります。

お礼・お返しの適期

お祝いをいただいた直後に。

お礼・お返しの祝儀袋の種類

syugi_cho 水引 / 紅白の蝶結び
のし / あり
包み紙 / 白1枚、または白2枚
表書き / 「内祝」。子どもの名前で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました